ぼちぼち行こう

日常をつづるブログです。

高度プロフェッショナル制度「ホワイトカラーエグゼンプション」

f:id:hyer:20170725071724j:plain

 

高度プロフェッショナル制度、

 

欧米では「ホワイトカラーエグゼンプション」と呼ぶ。

 

残業代を明確にしろというなら、

 

時給制のアルバイトと同じである。

 

が、その考えは間違えではない。

 

そうしたければそうすればいい。

 

しかし、サービス残業やみなし残業で

 

努力する人たちと同じように、

 

賞与や昇給を期待するのはお門違いだ。

 

彼らはリスクを承知で成果報酬を望んでいるからだ。

 

無論、どちらの年収が上回るかは想像がつくだろう。

 

自分達の仕事は時間で買ってもらうのか?

 

残業は自らの能力を向上することができる自身への投資である。

 

と考えるのか?

 

私はもちろん後者のほうで

 

そうしたから今がある。

 

時給で雇われたなら

 

今でも時給でやっているだろう。

 

だが能力は今のようにならないのは明確だ。

 

 

 

まあ、

ぼちぼち行こう。


http://www.atmys.com